ホーム » 髪の悩み » 硬くて量が多く、ツヤもない髪を乗りこなすには!?

硬くて量が多く、ツヤもない髪を乗りこなすには!?

何気なく自分の髪の毛を触った後の手や指に、髪の毛が刺さっているを見たことがありますか?

幼い頃から私はその光景を何度も目にしてきました。
小学校低学年の頃、周りの生徒たちの頭に、自分にはないツヤツヤの天使の輪があってハッとした・・
なんて経験もあります。

とはいえ幼いころは、自分の髪の毛が他の人よりキレイではない、と落ち込むくらいでしたが
思春期以降、オシャレ心が成長するにつれ、髪を結っても毛量や硬さのせいできれいな毛束を作れない、
美容院でどんな髪型にしてもらっても全体的に広がってしまって頭部のシルエットが四角くなる等
髪の毛に対するコンプレックスは増えるばかりでした。

これに対して、私が行ってきた対策はいくつかあります。

まずはCMや口コミサイトで「髪がまとまる」とうたっているシャンプー・コンディショナーを一通り試すことです。
数打てば当たる戦法で、シリコン・ノンシリコンを問わず気になる商品はできるだけ試しました。
ですが、結果は、どれも似たりよったりで根本的な改善は見込めないというものでした。
個人的な感想としては、髪をしっとりさせることのできる商品は頭皮がベタベタして
頭のニオイという新たな悩みを引き起こすことになり、反対に頭皮はすっきりする使用感のものだと
私の剛毛にはうるおいが足りず、手触りも硬いままという感じです。
市販のシャンプーには限界があると感じました。

次のステップとして行ったのは、高価なアウトバストリートメントを導入することです。
日々のシャンプー・コンディショナーの力はある程度頭打ちになってしまっても、
風呂上りのケアで高級品を使い乾燥を防げば、ある程度効果があるのではないかという狙いでした。
美容院で売っている商品を買ってみたり、口コミサイトで評判の商品を買ってみたりとそれなりの金額を使いました。
結果、やはり合う・合わないはありますが、他人と同レベルとは言わないまでも、手触りやまとまりはかなり改善したように感じました。
問題は、毎度毎度高いトリートメントを買うのはお金がかかるということでした。

ここで私が最終的に打ち出したことが、思い切ってショートヘアにするということです。

元々ショートヘアが好きで抵抗がなかったことから、
シャンプー・コンディショナー・アウトバストリートメント、いずれをとっても使用量の少ないショートヘアにしてしまえば、ロングにしているよりはお金がかからないと考え、ここ数年実行しています。

ショートヘアだと、カットを放っておくとすぐ形が崩れてしまうという難点はありますが、
狙い通りヘアケア商品の減り方は遅いですし、カットやセットの仕方によってはすぐに四角いフォルムになってしまう広がりもカバーできます。
カラーやパーマも合わせれば、ショートヘアでも色々な印象を作れますし、あまり経済的な余裕のない中自分の剛毛とうまく付き合っていくには今後もショートヘア生活を楽しみながら、ちょっと良いもので日々お手入れしてあげるのが一番だなと思っています。

上野クリニック