加齢による髪の悩み|パサパサで枝毛だらけ・・・

学生の時は、全く髪の毛に対する悩みはありませんでした。どんなシャンプーを使っても、ドライヤーで乾燥させなくても、サラサラで綺麗な髪だと、周りの人から言われていました。でも、ある年齢を境に、髪がパサパサしたり、ふわっとした感じがなくなったり、枝毛が多くなったりしました。20代後半ぐらいからだったと思います。
髪の洗い方が悪いのかと思って、少しきつめに頭皮を洗ったり、市販のちょっと高価なシャンプーやコンディショナーを使ってみたりしましたが、全く変化がありませんでした。美容院のシャンプーを使ったら、少し指の通りがよくなりましたが、頭皮の重たい感じや、洗髪した次の日の髪の毛や頭皮のベタつきは、相変わらず続いていました。
変だな・・・と思っても、原因がわからず、毎日欝々しながら過ごしていました。
そんな時に出会ったエステのシャンプーとコンディショナーそしてオイル。何も期待せずに使ったのですが、髪の質が全く変わりました。サラサラふわっとした髪になって行ったのです。美容院でまめに手入れをしてもらっていた枝毛もグッと少なくなりました。オイルを使って髪を保護することで、髪の艶が良くなり、枝毛もすっかり無くなりました。
使用してすぐに、髪と頭皮の感じが、今までと全く違うことがわかりました。3か月で、周りの人から髪が綺麗になったと言われるようになりました。結構辛口の美容師さんも、しみじみ褒めてくれたので、本当に髪の状態がよくなっていたのだと思います。
かれこれもう10年は使い続けています。使い始めた時は気にならなかったのですが、いつの間にか抜け毛や薄毛が気になる年齢になってきました。でも今のところ、鏡でつむじの部分を見ても、違和感はありません。
これからも髪を大切にしていきたいです。

硬くて量が多く、ツヤもない髪を乗りこなすには!?

何気なく自分の髪の毛を触った後の手や指に、髪の毛が刺さっているを見たことがありますか?

幼い頃から私はその光景を何度も目にしてきました。
小学校低学年の頃、周りの生徒たちの頭に、自分にはないツヤツヤの天使の輪があってハッとした・・
なんて経験もあります。

とはいえ幼いころは、自分の髪の毛が他の人よりキレイではない、と落ち込むくらいでしたが
思春期以降、オシャレ心が成長するにつれ、髪を結っても毛量や硬さのせいできれいな毛束を作れない、
美容院でどんな髪型にしてもらっても全体的に広がってしまって頭部のシルエットが四角くなる等
髪の毛に対するコンプレックスは増えるばかりでした。

これに対して、私が行ってきた対策はいくつかあります。

まずはCMや口コミサイトで「髪がまとまる」とうたっているシャンプー・コンディショナーを一通り試すことです。
数打てば当たる戦法で、シリコン・ノンシリコンを問わず気になる商品はできるだけ試しました。
ですが、結果は、どれも似たりよったりで根本的な改善は見込めないというものでした。
個人的な感想としては、髪をしっとりさせることのできる商品は頭皮がベタベタして
頭のニオイという新たな悩みを引き起こすことになり、反対に頭皮はすっきりする使用感のものだと
私の剛毛にはうるおいが足りず、手触りも硬いままという感じです。
市販のシャンプーには限界があると感じました。

次のステップとして行ったのは、高価なアウトバストリートメントを導入することです。
日々のシャンプー・コンディショナーの力はある程度頭打ちになってしまっても、
風呂上りのケアで高級品を使い乾燥を防げば、ある程度効果があるのではないかという狙いでした。
美容院で売っている商品を買ってみたり、口コミサイトで評判の商品を買ってみたりとそれなりの金額を使いました。
結果、やはり合う・合わないはありますが、他人と同レベルとは言わないまでも、手触りやまとまりはかなり改善したように感じました。
問題は、毎度毎度高いトリートメントを買うのはお金がかかるということでした。

ここで私が最終的に打ち出したことが、思い切ってショートヘアにするということです。

元々ショートヘアが好きで抵抗がなかったことから、
シャンプー・コンディショナー・アウトバストリートメント、いずれをとっても使用量の少ないショートヘアにしてしまえば、ロングにしているよりはお金がかからないと考え、ここ数年実行しています。

ショートヘアだと、カットを放っておくとすぐ形が崩れてしまうという難点はありますが、
狙い通りヘアケア商品の減り方は遅いですし、カットやセットの仕方によってはすぐに四角いフォルムになってしまう広がりもカバーできます。
カラーやパーマも合わせれば、ショートヘアでも色々な印象を作れますし、あまり経済的な余裕のない中自分の剛毛とうまく付き合っていくには今後もショートヘア生活を楽しみながら、ちょっと良いもので日々お手入れしてあげるのが一番だなと思っています。

髪の量が多かったのですが…まるでアフロヘアのよう!!

小さい頃から、とにかく髪の量が多くて、段を入れたりすいてもらわないと広がり過ぎてしまい困っていました。初めてソバージュにした時には、アフロのような髪になり、すぐに自分でストレートパーマをかけたのを覚えています。海外在住ですが、美容室に行くと、量が多過ぎる…通常料金ではカットできないと言われ倍料金を取られたり…ポニーテールに憧れていたのですが、縛ってもクルンと可愛く丸まらないのです。またヘアゴムも、通常の物だと足りないため、自分で調整できる物を使用していました。洗髪も、乾かすのも、シャンプーリンスの量も、普通の人の倍以上かかり、修学旅行などでは、なるべく洗わないで過ごしました。大人になり、髪をすいたり段をつけて調節できることを知り本当に嬉しかったのを覚えています。そして今、40代になり、更年期障害の影響か、抜毛が酷いんです。以前から、夏のバカンス後の秋口に、抜毛は目立っていたのですが、最近は1年中です…シャワー後の排水溝にからまる抜毛の量を見て唖然としています。夫が使用しているサクセスの抜毛予防シャンプーなどを利用してみたしたが、特に効果はなく、最近ではボリュームを出すシャンプーを使用し始めました。もちろん、すいてもらう必要もなくなり、通常のヘアゴムでは緩すぎて縛れないほどに…こんなに年齢とともに髪質も変化するんですね。以前は、ゴワゴワしていて益々髪の毛の多さを際立たせていま髪が、すっかり、しんなりとした猫毛ににり、2日ほど洗髪しないと、ぺちゃんこになってしまいます。洗髪も乾かすのも楽にはなりましたが、あまり洗髪すると益々抜毛が酷くなるのではと思い、頻繁には洗えませんね。今ならパーマをかけても丁度良いボリュームになるのではと期待し、今度挑戦したいと思います。

くせ毛に悩まされたことから学んだこと・・・。

中学生の頃からくせ毛に悩まされていました。
夜髪を洗った後しっかり乾かしても朝起きたときに髪がうねっていたりはねていたりして水に濡らしても真っ直ぐにならずそのままの状態で学校に行く日々でした。
髪が綺麗なストレートの友達を見ては羨ましく思っていました。雑誌に載っているオシャレな髪型を真似したくても髪のくせがすごく綺麗にまとまらず困っていました。
対策として中学校3年生の時にストレートパーマをかけました。しかし2週間くらいですぐにくせがついてしまい効果があまり感じられませんでした。
それから縮毛矯正に切り替えたのですが、ストレートパーマよりも持ちは長かったのですがやはり3か月くらいでうねりが出てきてしまいました。半年に一度くらいのペースでかけてもらっていたのですが、髪の傷みのことや値段のことが気になってしまいやめました。社会人になってから初めてヘアアイロンを購入し今はヘアアイロンで髪のくせを落ち着かせています。
縮毛矯正よりも髪の毛が痛まずに済んでいますが、やはり高い温度で髪の毛をストレートにするため髪の傷みが気になります。
ストレートアイロン専用のクリームも売られているのでそちらのクリームも購入して使用することで髪の毛を保護していきたいです。
また、美容院に行ってくせ毛について相談したところくせを生かした髪型にしてくれました。今はわざと髪をはねさせたりくせ毛風にアレンジしたりするのが流行っていると聞きました。それまで悩まされていたくせ毛もこんな風に生かすことができるのかと新しい発見ができました。欠点ばかりに目を向けていましたが、これからはストレートな髪に拘り過ぎず、髪に悩み過ぎずにもっと自分が持っているものを大事にしていきたいと思いました。

私が現在使っている育毛剤: 育毛剤【不老林】はまだ買うな!※元育毛剤メーカー社員が警告!

くせ毛のヘアスタイル・・

母親がくせ毛なので、遺伝で私も小さい頃からくせ毛に悩んでいます。
幼稚園の卒園アルバムを見ると、パーマをかけたような髪型になっています。
他の子たちはツインテールにしたりとかわいい髪型ですが、私はミディアムで
髪を結ぶなど出来なかったので、髪のうねりを隠せずにそのまま撮りました。
今もそうですが、髪を洗ったあとドライヤーで乾かすんですが時間が経つと爆発したような髪になってしまいます。
毛先が広がってしまうんです。
なのでくせ毛の人はロングヘアが良いと言われてロングヘアにしてたことがあります。
ですがケアが大変で、絡まってしまうし毛先が傷んでしまったのでミディアムにしました。
美容師さんに「ミディアムにすると毛先が広がるけどいい?」と言われましたが、ケアのほうが大変なので切りました。
案の定、ロングのときよりボン!と広がり、頭でっかちになりました。
ロングのときはくせ毛がいい具合にウェーブがかかってセットいらずだったのですが、
短くしたら寝ぐせもひどくなり、忙しくてセットできないときは髪を結んで広がりを抑えています。
時間があるときはヘアアイロンを使ってストレートにしています。
ヘアアイロンを使い始めたら、幼稚園のときよりうねりも軽くなり、髪を切ってから1か月は
ヘアアイロンのストレートで間に合いますが、少し経つとストレートにしてもちょっとすると
広がってしまうので、美容院帰りの髪が持つのは1か月くらいです。
それ以降はほぼ髪をまとめて過ごしています。
襟足を残して後頭部だけ結んで広がりを抑えてたりもしています。
こんなに広がりを気にして過ごすよりも、髪を伸ばしてポニーテールにするほうが楽だと思ったので
これから髪を伸ばします。